よくある質問

Pocket

語学学校について

Q:どんな学校がいいのでしょうか?

語学学校はおおまかに日本資本と韓国資本に分かれますが、日本人のあまりいない外国資本の学校を選ぶか、もしくはしっかりと合理的なカリキュラムを提供している評判の日本資本の学校を選ぶかのどちらかになります。

私達の留学の経験上、日本人同士は特に固まりやすく遊んでしまう為、英語力が伸びている方はほとんどいないに等しかったと思います。

短期間で留学する限りは英語はビジネスで使える程度には伸びません。

それ故に日本人の少ない学校で集中的にスピーキングを伸ばして中級レベルに英語を伸ばすことは効果的だと思います。

ただしTOEIC対策などは日本資本の学校は素晴らしいカリキュラムを提供しているので、目的に沿った留学をする必要があります。

Q:日本人が少ない学校がいいですか?

数百人の留学生を見てきた中で、よくあるのが日本人同士ですぐに固まり、授業以外はずっと日本語を使用するという環境をつくってしまう事です。但しTOEICなどの試験対策は日本資本の学校が優れております。

Q:どんなところに泊まるのですか?

語学学校の宿泊体系は「内部寮」「外部寮」「ホテル」の3種類があります。

内部寮は安全かつ通学が簡単、外部寮やホテルは綺麗な部屋が多い等それぞれメリットがあります。

Q:日本人担当者はいますか?

通常は複数名の日本人が在籍していて、皆様の留学をサポートしております。

ほとんどは語学学校は担当者も同じ寮に住んでいることが多く、何が起きてもすぐに対応できるようにしております。

Q:現地で問題がおきたらどうしたらいいでしょうか?

通常は複数名の日本人が在籍していて、皆様の留学をサポートしております。

ほとんどは語学学校は担当者も同じ寮に住んでいることが多く、何が起きてもすぐに対応できるようにしております。

Q:もし学校が合わなかったら、どうしたらいいでしょうか?

通常は複数名の日本人が在籍していて、皆様の留学をサポートしております。

ほとんどは語学学校は担当者も同じ寮に住んでいることが多く、何が起きてもすぐに対応できるようにしております。

Q:食事はどんな感じでしょうか?

通常は複数名の日本人が在籍していて、皆様の留学をサポートしております。

ほとんどは語学学校は担当者も同じ寮に住んでいることが多く、何が起きてもすぐに対応できるようにしております。

留学手続きについて

Q:いつまでにお申し込みをすればいいでしょうか?

学校のお部屋に空きがあれば最短一週間前でもご留学は可能です。
しかしピークシーズン(7月~9月、2~3月)などへの渡航の場合は3~4か月前に埋まっている場合が多く、特に一人部屋はすぐ満室になります。
留学へ行くことが決定したら、なるべく早く仮予約だけされるのをオススメします。

Q:入寮日・退寮日は決まってますか?

基本的にどちらの学校も毎週月曜日が入学日となります。
土日に到着して月曜日にオリエンテーションなどを行い火曜日から授業開始します。

授業は金曜日まであり土曜日に退寮するという形となり、上記日程以外の場合でお部屋に空きがある場合は延泊代金をお支払いいただければ滞在は可能です。

学校によっては土曜入寮や日曜退寮の場合も延泊代金が発生しない学校もありますが学院ごとに異なりますのでお問合せ下さい。
またフィリピンの語学学校の中で数校は指定入学日を設けており、日程が異なる場合もございます。それぞれの学校情報に記載しておりますのでご確認くださいませ。

Q:お金はいつ支払いますか?

学校の規定にもよりますが、通常は約2週間まで迄にお支払いをお願いしております。

Q:クレジットカードで支払いはできますか?

VISA・Masterのクレジットカードをお持ちの方はクレジットカードでの支払いも可能です。

Q:航空券や海外保険はどうしたらいいですか?

当社で航空券の取得方法はご案内しておりますが、ご予約自体はお願いしております。

保険に関しても同じです。

Q:予防接種は必要ですか?

原則必要ございません。

ほぼ全ての方は予防接種を受けずに渡航されております。

ご心配される場合は受けて頂いても問題ありません。

Q:電化製品は使えますか?

フィリピンは220ボルト60ヘルツで、日本と同じAタイプのプラグ形状が一般的です。電圧が220ボルトで日本より高いです。

お持ち込みの電化製品の対応電圧が220ボルトが入っているか製品のマニュアルや充電器、ACアダプタに対応電圧の記載がありますので事前に必ずご確認ください。

また基本的にスマートフォンやノートパソコンなどは国際対応しております。

Q:荷物はどれくらい持っていけばいいでしょうか?

下着や洋服、タオルは3日分あれば充分です。詳しくは語学学校のハンドブックに記載がありますのでご確認下さい。

フィリピン入国時

Q:万が一何か問題があったら連絡はどうやってとりますか?

当エージェントにご連絡ください。緊急連絡先をご出発前にお伝えします。

Q:空港はどんなところにありますか?

マクタン島というセブ島の隣にある小さな島にあります。

ビザについて

Q:フィリピンはどんなビザが必要ですか?

日本ではビザを申請する必要がありません。SSPを現地にて取得します。

SSP(Special Study permit)は直訳すると「特別就学許可証」になります。
観光を目的として入国した外国人がフィリピン国内で合法的に勉強するために必要なビザの一種になります。発行元はフィリピン法務省管轄の移民局になり、フィリピンで勉強する場合は短期であっても長期であってもSSPの申請が必要です。

本来留学の際は学生ビザの申請が必要ですが、SSPの申請が可能な語学学校の場合、手続きを現地にて簡易で行えるものとなっております。
費用は6000Pと安くない金額ですが、こちらを取得していないと違法滞在となります。

 

現地生活について

Q:ルームメイトを変えてほしいのですが?

学校担当者へ相談し、理由次第では変更が可能です。

Q:お金はどれくらい持っていけばいいですか?

物価は日本の1/2以下ですが、アクティビティ等をする場合は週7000-10000円は必要です。

Q:買い物はどこでできますか?

近くのスーパーやモールで買い物ができます。

 

英語学習について

Q:留学を成功させるためには何をすればいいですか?

とにかく英語に触れる機会を増やすことです。

短期でしたら尚更ですが、現地に行ってまで日本語をずっと友達と話しているなんてことはないように致しましょう!

Q:フィリピン人は訛りが強いですか?

講師は厳しい教育や採用条件をクリアしたプロフェッショナルです。

もちろん訛りがあっても採用はされませんので、ご安心ください。