Pocket

今日本では深刻な人材不足が問題となっております。

 

そのため日本政府は技能実習生ビザを通して沢山のアジア人の労働者を日本に迎え入れています。

 

そもそも技能実習制度とはどのようなものかをご紹介いたします。

 

厚生労働省のホームページを引用するとこのような説明となっております。

 

外国人技能実習制度は、我が国が先進国としての役割を果たしつつ国際社会との調和ある発展を図っていくため、技能、

技術又は知識の開発途上国等への移転を図り、開発途上国等の経済発展を担う「人づくり」に協力することを目的としております。

平成28年11月28日に公布され、平成29年11月1日に施行された外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律(平成28年法律第89号)に基づいて、

新しい技能実習制度が実施されています。

厚生労働省ホームページ

 

つまり日本に就職して技術を覚え、 それを自国に持ち帰り行かしてもらうことが、この技能実習制度の目的となっているのです。

日本に滞在する期間は職種により決まっており、建設関係では 最大5年間滞在することができます。

 

職種一覧表

https://www.otit.go.jp/ikoutaishou/

 

しかしこれは建前上で、 実際は実習生は企業に不当な扱いを受けてあり、監理団体からも必要なサポートを受けれないなど、とても大変な思いをしているのも現実です。

 

元職員が語る技能実習制度について

そこで今回はその技能実習生の裏側を元職員であるTさんに語ってもらいます。

 

Philink:それではよろしくお願いします。

 

Tさん:よろしくお願いします。

 

Philink:Tさんはどのような会社にいたのでしょうか?

 

Tさん:私は協同組合という組織の職員をしておりました。

役割としては実習生と企業の間に入り実習生の管理をしている団体のようなものです。

これは国で定められているので、技能実習制度を利用する際のほとんどは、 協同組合を経由して受け入れをしています。

※技能実習制度であるため、民間の企業はこれを事業として行うことはできません。

協同組合という非営利団体という名目のもとこの制度を利用することができるのです。

 

Philink:技能実習生はどの国の人が多かったのでしょうか?

 

Tさん:私がいた組織ではフィリピン人の実習生がほとんどでした。

関東で約200人近い実習生を管理していました。

 

クリーニングに従事するフィリピン人実習生↓

 

営業も!?仕事内容は?

Philink:結構多いですね。

Tさんは具体的にはどのようなことをしていたのでしょうか?

 

Tさん:私は新規開拓、日本在住のフィリピン人の通訳フォロー、毎月の監査訪問、トラブル対応、 入国管理局に提出する書類を作成、

また決算書などを受け入れ企業から必要な書類の回収、 受け入れする企業と現地へ赴きフィリピン人の面接などをメインに仕事をしておりました。

 

Philink:新規開拓というのはどのようなことでしょうか?

 

Tさん:私がいた組織はかなりの営業体質であったため、それぞれの営業担当にノルマが与えられていました。

なのでそれを達成するために人材不足であるような中小零細企業をひたすらテレアポを行ったり、直接それら企業へ訪問し営業をかけたりしておりました。

正直かなりハードな仕事です。

また会社自体も、朝営業目標を発表したり、

達成してない営業部員には上層部から叱咤されるなど昭和の証券会社を思わせるような体育会系の古臭い組織でした。

 

建設系が多いのが技能実習制度の特徴↓

来日までの流れ

Philink:大変ですね。。

実際に企業から受け入れの依頼をもらってからどのくらいで、

フィリピンの実習生は日本に来るのですか?

 

Tさん:大体早ければ半年以内で入国します。

流れとしては現地にやる送り出し機関と呼ばれる期間に、必要な人材の確保を依頼し、

実際に受け入れ企業の担当と現地へ面接しに行きます。

そこで選ばれた実習生たちは、その後3ヶ月程度入国管理局へ必要な書類を提出し審査をしてもらっている間、日本語や日本で使う技術のを勉強し(現地の送り出し機関にはトレーニング施設のようなものもあります)入国するような流れとなります。

入国後も約1ヶ月は研修期間で日本語の勉強や講習を受講する必要があります。

それが終わりようやく企業へ配属するような流れとなります。

 

Philink:約6ヶ月ほどかかるということですね。

費用も結構かかるんですか?

 

Tさん:はい組合によっては一人の実習生につき50万円ほど費用がかかります。

また入国後も管理費として一人当たり3-4万円企業から支払ってもらってました。

今思うと、かなりいい商売だと思います。

だって入国してからはほとんど組合は仕事をしませんから。

 

Philink:なるほどですね。。

ということは200人程度いたら800万円はほとんど何もせずに、

売り上げが上がるということですね。すごいです。。

 

面接会場の様子↓

 

悲惨な実習制度の裏側

Philink:トラブル等はありませんでしたか?

 

Tさん:トラブルは毎日のようにありました。

私がいた組織自体がそもそもおかしかったのもありますが、

受け入れ企業も建設関係が多かったので、従業員が実習生の頭を殴ったり、

建設会社の社長がいきなり実習生を帰国させようとしたり、

中にはパスポートも取り上げようとするなど、

人権的に決してやってはいけないことをするような企業や、

それを見て見ぬふりする組合の関係がありました。

今でもこのような会社が存在しているというのは非常に腹が立ちます。

 

もちろんこのようなところばかりではないと思います。

 

ちゃんとした受け入れ企業に配属された実習生たちは、

しっかりとお金も貯めて、帰国後に家を買うなど成功したフィリピン人もたくさんいました。

 

Philink:ちなみに実習生たちの賃金はどうでしたか?

 

Tさん:最低賃金で設定されてました。

企業側もできるだけ人件費を抑えたいという気持ちもあるため、

分からなくもないですが、同じきつい作業をして実習生より多く賃金をもらっている日本人を見るとアンフェアだとは思います。

 

Philink:すごい裏側ですね。。

そしたら住むところもシェアハウスのようなところでしょうか?

 

Tさん:はいそうです。

この制度ではたこ部屋のようなところには済ませてはいけないという決まりもありますが、

私が見てた企業のほとんどは、ワンルーム2、3名の実習生を住ませていたり、一軒家に7-10名が住んでいるところもありました。

 

さらにおかしかったのが、相場である家賃を割るのではなく、

一人ずつこの相場に近い家賃を払わされていたということです。

 

例えば、ある企業は一軒家に8名 の実習生を住ませていましたが、

一人当たり5万円の家賃を徴収していました。

つまり月40万円もの家賃収入をこの会社を得ていたのです。

実際の相場は月10万円程度でしたので、30万円が無駄に利益として会社に流れてました。

 

最低賃金であり、家族に送金するために頑張ってやりくりしている実習生を思うと、このような企業とそれを許す組合は本当に許せませんでした。

 

Philink:そこで退職を決意されたのですね?

 

Tさん:はい元々の制度自体に疑問を感じていたのと、

それを利用する悪徳な組合に自分が加担してしまっていると考えたため、

状況が悪化する前に退職をしました。

 

Philink:今もその組合は存在しているのですか?

 

Tさん:はいおそらく今も存在しております。

 

Philink:そのような悪徳な組合や企業に当たってしまった場合は、

実習生は何もできないのでしょうか?

 

Tさん最近だと専門の労働組合やフィリピン大使館もあるので、

まずそこに相談するのがいいと思います。

組合に相談しても全く役に立たないです。

なぜなら組合は、受け入れ企業の言いなりですので。

 

また最近はベトナムなどをいろんな国からの実習生を見かけます。

日本に来る実習生は対等な扱いをしてもらえるのを心から望みます。

 

夢や希望を持ってきた人達に日本を嫌いになってもらいたくはないので。

 

Philink:そうですね。

このような悪徳な組合や企業がなくなるように日本政府したいで法整備をしてもらいたいですね。

 

それではTさん。

今回は貴重な体験談をありがとうございました!

留学のお問合せはこちらから

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事