Pocket

今回は私たちがもともと留学業界で従事していたこともあることから、

留学エージェントの視点で留学業界の裏側をお伝えできればと思います。

本来エージェントでもある我々がこのような記事を書くのはおかしいですが、

留学をする際にエージェント選びで苦労した経験もあるので、

皆様に少しでも本当の情報を与えることができるんではないかと考えて、この記事を書くことにいたしました。

もちろん個人的な主観も入っているため、

その点はご理解していただけますと幸いです。

またこれから留学を考えていらっしゃる方は、

どのような視点で留学エージェントを選べばいいのかをお伝えできればと思います。

 

留学エージェントには免許がいらない?

代金を頂いて旅行を手配する際は旅行業者と呼ばれるため、

旅行業の登録が必要となります。

そして、旅行業の登録をするためにはかなりの額の営業保証金(供託金)、

もしくは 基準資産と呼ばれる 事業を行うために自分の資産があるかどうかがチェックされます。

それに比べ留学エージェントを開業する場合は、

このような資格は必要がなく、 準備資金も必要がないことから、

現地の学校等契約さえしてしまえば、学生でも開業できるほど、手軽にエージェントになることができます。

そのためフィリピンでたった数週間留学した程度の(または乏しい) 英語学習の方法もわからないエージェントが、乱立しているのか現状です。

いろんな考えがある方は思いますが、

我々は英語学習 をしてこなかった人たちに、 的確に留学を斡旋できる能力があるとは思いません。

Web サイトを覗いてみても、

留学を斡旋する立場の人間たちがセブ島を「The Cebu」とか何のためらいもなく記載しています(笑)

セブ島はこの世に一つしかありません(笑)

少なくとも私たちが留学をする際に、そのような人たちから英語学習や留学についてのアドバイスをもらいたくはないです。

さらに無免許で現地のアイランドホッピングツアーを案内したり法律的にかなり危ないことをしているエージェントも中にはたくさんあります。

このようなツアーに参加して何かがあった場合、

参加したお客様にも迷惑かかることは間違いありません。

 

フィリピン留学エージェントの乱立

2012-2013年頃から留学の留学エージェントが乱立しました。

フィリピン留学エージェントは基本的に紹介手数料は無料です。

手数料無料なのは学校からコミッションを貰っているからです。

しかし大手留学エージェントはサービス料として留学費用プラス の費用をのせているところが多いです。

ただ、このようなサービスも全く必要がなく普通に留学することは可能です。

 

従って手数料が無料でないエージェントは避けた方がいいでしょう。

 

某大手留学エージェントは語学学校との癒着がある?

我々スタッフが元留学業界にいた頃の話ですが、

某大手留学エージェントは生徒を送客する学校がほとんど同じでした。

これは、なぜかというと上記で述べた通り留学エージェントは語学学校からコミッションをもらっているため、

コミッションが少しでも高い学校を案内したいのです。

 

企業であれば利益追求することは当然のことですが、

大きな留学エージェントは、固定費が圧倒的にかかるため、

数%でもコミッションが高いところを案内しているのです。

 

ただしこれにより誰が一番迷惑を被るのかと言いますと、留学する生徒です。

私たちもサポート料金という名目で、留学費用をかなり上増しされた経験があります。

 

このようなエージェントに留学を斡旋してもらうと、

自分の好みや意志に関わらず最終的にはコミッションが高い学校に入学することがほとんどとなります。

その結果留学する学校にはほとんど日本人しかいないなどと、

どこでも経験できるような留学体験しか出来ません。

 

フィリピン留学エージェントには英語を話せる人がほとんどいない

これも 元々留学業界に従事していた頃に見てきた事実です。

フィリピン留学エージェントのカウンセラーは、

フィリピンで数週間程度の英語学習をしてきた程度ですので、

英語をしっかり話せる人をほとんど見たことありません。

 

だったの数週間で英語が話せるようになるのであれば誰も苦労はしませんよね。

フィリピン留学エージェントのカウンセラーはこの程度の英語力なんです。

気になる方はカウンセラーの TOEIC の点数でも聞いてみましょう。

こういった英語関係の資格すら持っていないカウンセラーは多いです。

 

フィリピン留学エージェントは短期留学の生徒を嫌う?

フィリピン留学と言えば短期留学が醍醐味ですが、

あるフィリピン留学エージェントは短期留学の生徒をよく嫌っていました。

 

なぜならフィリピン留学エージェントのほとんどは、

長期留学をしてもらうことで大きな利益を得たいので、

本気で留学をする生徒にあまり時間をかけたくありません。

 

このようなこともあり、学校に空室があるにも関わらず、

お客様を断ってるフィリピン留学エージェントも存在していました。

 

番外編

引率の資格がないのに添乗をする語学学校

これは人から聞いた話ですが、

語学学校で行っている短期合宿の際に、

日本の空港から語学学校の職員が現地のフィリピンへ引率することがあったそうなのですが、

その職員は本来引率する際に必要である旅程管理主任者の資格を持っていなかったそうです。

そして引率している本人も全く罪の意識がなかったそうです。

 

仮にも代金を頂いてお客様の予定を管理する(命を預かるくらい責任重大の仕事をする)側の人間が、

そのような無免許の行為をしていたことは非常に驚きです。

こういったことをしている語学学校は今でも存在しているそうです。

 

選ぶときの注意

では皆様がエージェントを選ぶ際に何を注意したらいい

のかを解説していきます。

注意する点は以下の通りです↓

  • 日本に住所を置いているエージェントを選ぶ
  • カウンセラーが留学先へしっかり足を運んでいるエージェントを選ぶ
  • カウンセラーがしっかりした留学経験を持っているエージェントを選ぶ
  • ウェブサイトがなかなか更新されている様子がないエージェントは選ばない
  • Google でやたら広告を打たれているエージェントには注意
  • サポート代金が請求されるエージェントは選ばない
  • 手数料が有料のエージェントは選ばない

以上が皆様が留学する上の留意点となります。

 

最初に述べた通り偏った意見もあるかとは思いますので、一概には言えませんが、

すべて体験談から述べさせていただいたことですのでご参考していただけますと幸いです。

皆様もエージェント選びも失敗しないよう、お気をつけください。

留学のお問合せはこちらから

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事