Pocket

 

Mariel
皆さんこんにちはマリエルです。

今回はフィリピンの義務教育についてご説明していきます。

日本の方でもフィリピンの学校へ子供を入学させている親御さんたちも最近増えてきてると感じるので、

是非この記事でフィリピンの学校について理解していただけますと嬉しいです。

ちなみに今私は大学生です。

フィリピンの教育の大前提

フィリピンは元々スペインや、アメリカの植民地でもあったため、その影響を受けた学校も未だにたくさん存在しております。

フィリピンの義務教育は幼稚園が1年間、小学校が6年間、そして高校も6年間となります。

 

義務教育の合計期間は13年間。

 

日本は9年間になるのでフィリピンの義務教育は4年も長いんです。

日本と大きく違うのは幼稚園が義務、そして高校も義務という風になることです。

 

幼稚園から高校まで新学期は6月にはじまり、翌年の3月までとなります。

そして1年は4学期に分かれます。

これは日本とちょっと似てるかもしれませんね。

 

※2学期制の学校もあります

【2学期制】

6月~10月,10月~翌年3月

 

夏休みはあるの?

気になる休みに関してですが。

日本だと春休み夏休み冬休みとなると思いますが、

フィリピンでは4月5月が夏となるためこの時期にたくさんお休みがあります。

 

私たちにとっては非常にありがたいです。

フィリピンの4月、5月はとても暑い時期に当たるため学校へ行ってしまうとバテてしまいますw

 

ただかと言って授業が少ないわけではなく、

年間の授業日数は200日間程度ですので日本とあまり変わりません。

 

日本とフィリピンの学校の違い

日本では公立の学校に行く人が多いと思いますが、

フィリピンでも同じようにお金がある人は私立の学校へ行き、

経済的に余裕がない人たちは公立の学校をへ行くことが多いです。

※公立校は無料で通うことができます。

インターナショナルスクールもフィリピンには結構存在しています。

 

授業科目について

フィリピンでは基本的に小中高校大学のほとんどが英語で行われております。

 

フィリピンは基本的にキリスト教国家なのでキリストの教えに重きを置いてる、

教育を行っております。

 

ただし、歴史・国語の授業は母国語で行われます。

そして英語 が伝わらない時は先生も母国語で解説をしてくれます。

 

そして私たちは、歌や音楽が大好きなのでこのような活動を通して母国語も勉強しております。

 

ちなみに、

小学校や高校へ入学する際は新学期が始まる1ヶ月前に入学の申請をします。

そうそう、

私が通ってたクラスの人数はだいたい30人ぐらいでした。

 

フィリピンの教育問題

 

私はまだ若いのでまだまだ勉強不足なところがありますが、

親の手伝いをするために、学校へ通えない生徒もおります。

 

なので高校までしっかりと卒業している人はおそらく半分くらいとなります。

 

理由は家族の経済的な理由のためです。

ここにも悲しい現実が実はあります。

 

フィリピンの大学について

フィリピンの大学もピンキリですが、

日本と比べると学費がかなり安い大学が多いです。

私が通っている学校も年間で大体20万円程度です。

日本の皆様にとってはそこまで高くないかもしれませんが、

フィリピンの状況を考えると妥当かもしれませんね。

 

大学の専攻も多いのは観光や、ホスピタリティ、エンジニア、看護医療、です。

 

ただ大学によって様々な専攻もあるので気になる人は、

一度フィリピンの大学について調べてみると良いでしょう。

 

以上フィリピンの教育についてのご案内でした。

 

もし現地に留学することを考えている方は、

留学 プラス にお問い合わせを頂けましたら、情報を提供できるかもしれません。

ありがとうございました。

 

現在の私↓

留学のお問合せはこちらから

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事