Pocket

こんにちは。

都内の某大学4年生の高田(女)です。

私は大学3年生の頃、セブ島の語学学校で、6か月間インターンをしていました。

その時の体験を書いていきたいと思います。

インターンをこれからしたい・考えている方へ少しでも役に立てると嬉しいです。

※細かい自己紹介とインターンになるまでの流れは、皆さんにとってはそんな重要でないので省略します(笑)

なぜセブをえらんだのか?

セブ島ってなんとなく、「貧しい」とか「危ない」イメージはないでしょうか?

私も最初そのように考えていましたし、友達や家族には「なぜセブなの?大丈夫なの?」と、必要以上にかなり心配されました(笑)

そんな中でも、私が在学中にセブ島を選んだ理由は3つあります。

 

英語能力の向上

私は昔から漠然とですが、英語を学び自分のキャリアの幅を広げたいと考えておりました。

特にこれをしたい!っていう業種はなかったのですが、今後絶対に必要になるだろうという危機感もあったので、絶対今のうちにやっとかないと!とは考えておりました。

 

ビジョンを明確にするため

先程述べたとおりで、明確な進路が見えてなかったのも理由でした。

海外に出て働く事で、何か自分にプラスになればいいなと思い選びました。

 

人間的な成長

「日本では経験できない事が経験できる」

ましてや、フィリピンという発展途上国に行くことで、自分の価値観も広がるんではないかなと漠然と思ってました。

今思うと、とにかく何かプラスになればいい!っていう気持ちだったと思います(笑)

 

インターンの仕事

続いては、私がセブの語学学校で、具体的にどんな仕事をしてたのかをご説明致します。

ざーっと箇条書きにするとこんな感じです↓

こうやって見るといろいろ細かくありますが、基本的には作業も慣れてルーティン化しますので、そんなに難しい事はないと思いますので、ご安心下さい。

1つ1つ説明するとかなり長くなってしまうので、今回はこの中でもメインの仕事についてご説明します。

 

空港へのピックアップ

"空港から学校までの送迎"です。

送迎といっても私は運転しません(笑)

フィリピンドライバーと一緒に空港へ向かいます。

事前に到着生徒リストをマネージャーからもらっていますので、それに従って順番に生徒を迎えます。

他にも語学学校の人はたくさん来ているので、こんな感じで看板を持って生徒にわかってもらうようにアピールします!(笑)

こんな感じです。私ではありません(笑)↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

生徒と合流したらそのまま学校へ車で出発します。

 

オリエンテーションの準備・実行

これも文字通り、新入生へ対してのオリエンテーションの事で毎週月曜日の朝に行ないます。

学生は海外にくると気が緩みトラブルにも巻き込まれやすいので、時間をかけて注意事項を説明します。

ここで話を聞いていない生徒程、後々モノをなくしたり、トラブルに巻き込まれます(笑)

 

Facebook/Instagramの更新

毎日学校の最新情報などのニュースをSNSを通じて発信します。

私は日本にいる方へもイメージしてもらいやすいように、たくさん写真を載せたり、学校の説明を怠らないようにしてました。

 

団体生徒向けの業務

春休みや夏休みの時期になると、中高生の団体が一気に増えます。

だいたい20~70名の団体です。

私がいた学校では独自で小中学生キャンプ等もやっていましたので、その時は子供へ毎日毎時間(授業以外)気を配っておりました。

正直めちゃくちゃしんどかったです(笑)

よく学校スタッフのおつぼね様に怒られてました。本当にいやだった経験でした。。(笑)

特にフィリピンに来ると、体調を崩す子が増加しますので、その子達の看病や病院まで付き添ったりとかなりハードワークです。

※たぶん環境が変わるストレスや、水が合わない等の原因が多かったです。決して学校のご飯が、、、とかではありませんのでご安心ください(笑)

 

エージェント視察の対応

私がいた学校は留学エージェントが毎月の様に学校へ見学(視察)しに来てました。

なので、その対応も大事な業務の1つでした。

学校の良さをしっかりアピールをしつつ、デメリットも隠さずにご案内するようにしました。

だっていい所しかないなんて、ちょっと怪しいくないですか?(笑)

 

閑散期は授業もタダで!

インターンなので、働く代わりに授業も無料で受けれました。

マンツーマン中心に、しっかり授業を受ける事ができるので、ここでかなり英語力を鍛えられました。

先生とも仲良くなってプライベートでも遊んだり、かなり楽しかったです。

 

業務ももちろん英語で

私がいた学校は国際色豊かで、韓国人、ベトナム人、台湾人、ロシア人、フランス人のいろんな国籍のスタッフもいました。

働き方もバラバラで、外国人は日本人のように「空気を読む」事なんてできません。(笑)

ちゃんと主張しないと無視されるか、なんも協力してくれない、なんて事もざらでした。

国によっても独特な発音を持っていますので、業務時間でも英語力やコミュニケーション力をかなり鍛える事ができました。

 

インターンをやってみて

インターンをして本当によかったと思います。

いろいろ苦労して、途中で辞めたいなんて思ったりもありましたが(笑)

フィリピンの先生や他スタッフに支えられて、最後まで頑張る事ができました。

留学前は英語力を高めたい!って思ってましたが、海外で仕事してみて思ったのは、英語力はもちろん高ければいいですが、もしそうでなくても自分の意見をしっかり持つ事が大切なんだと学ぶこともできました。

 

TOEICスコアの変化

とはいっても、英語を勉強しにきたので、帰国後にもしっかりTOEICテストを受けました。

あまり自身はなかったのですが、、

TOEICの点数もこんな感じに伸びました↓

※リーディング・リスニングのみです。

帰国前  560点

帰国後  795点

 

どうでしょうか?(笑)

一応235点伸ばすことができましたので、悪くはないのかなと思います。。。(自分でいうのもあれですが)

特にリスニングのパートはかなり点数が上がりました(現地で毎日英語を聞いていたので)

もちろんこれからも、継続して勉強していこうと思います。

 

卒業後の進路

あまり興味ないかもしれませんが、、、

帰国後は地獄の就職活動が待っていました(笑)

ただ、ホテル業界をぼやーっと志望はしていたので、実はセブ以外にも日本のホテルでインターンをしておりました。

なので帰国後に何社か面接を受けて、最終的に数社から内定をもらう事ができました。

どこも外資系ホテルで海外への転勤もあるらしく、今後は海外でも働いていきたいと考えてます。

2020年には東京オリンピックもあるので、英語力も更に磨いていって、活躍していきたいです。

帰国後進路が決まったのも、英語を勉強してきたおかげだと思いますので、セブ島でインターンをしてきて本当によかったと思います。

皆さんもインターンにご興味があれば、海外をお勧めします!

 

インターンの問い合わせ

留学プラスでは、語学学校のインターンもご紹介しておりますので、是非一度お問い合わせください。

※シーズンによっては、学校が受け付けておらず、難しい場合もありますのでご了承ください。

留学のお問合せはこちらから

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事