Pocket

フェム
こんにちは新人ライターのPhemです!皆様!SImala(シマラ)ってご存知ですか?

 

セブ島って結構同じような観光地が案内されているんですが、今回は現地ではかなり有名ですが、

観光客にはあまり知られていない㊙スポットへ行ってきましたのでご紹介します。

 

その名もSimala(シマラ)です!

このSimalaって教会、実は「願い事が叶う奇跡の教会」と呼ばれているんです。

私たちフィリピン人の間で、この教会の聖母マリアが涙を流すと信られており、

涙を流した時に、お祈りをしにきた人達の病や苦しみを取り除いてくれるとも信じられているんです。

それもあり国内のあちこちから、たくさんのフィリピン人がこのマリア像へお祈りを捧げに来ています。

 

※9月8日は聖母マリア様の誕生日なのでかなりの人が訪れます。

10月もかなりの人が訪れます。

その為留学生はそれ以外のシーズンで訪れることをお勧めします。

Simalaへの行き方

セブから行くとこんな感じ↓

行き方

シマラチャーチへは、バス、タクシーのどちらからでも行けます。

タクシーだと数千円するので割高ですが、大勢で行くのにはいいかもしれません。

まずSouth Bus TerminalからSimala, Sibongaと書いてあるバス(Alcoy、Dalaguete、Santander、Oslobのどれか)に乗ります↓(片道80ペソ)

周りの人かスタッフに行先を告げればすぐに案内してくれますよー!

乗ったら運転手へ「eskina Simala(エスキナ シマラ)」で降ろしてもらうように伝えると確実でしょう。

だいたい2時間くらいで目的地に着きます。

着いたら、habal-habalというバイクかトライシクル、タクシーに乗り換えてSimala Churchへ向かいます。(タクシーなら100-150ペソくらい)

※タクシーがおすすめです。バイクは海外保険が適用外なので危ないかもです。

※15分くらい

到着です!

帰りも同じようにして帰ります。

 

シマラについて注意

まず気をつけなけれないけないのはドレスコードです!

シマラ内で女性はノースリーブやショートパンツ、スカートなどは着ていけません。

そのくらい厳かな場所なのです。

万が一ショートパンツで行ってしまった場合は現地でmalong(マロン)という身体を覆う布を貸してもらえたり、近くで購入することができます。

※SMやアヤラで500ペソくらいで売っています。

男性もボロボロな恰好はせずに半そで長ズボンなどがお勧めです。

教会内での飲食(食べる)も特定の場所以外(コテージ以外)では禁止されています。

※写真はOKです!

 

シマラでキャンドルを灯そう&お祈りをしよう

敷地内には大きな庭園がありますので、すごく自然が多くて気持ちがいいです↓

教会内に入っていくと、ロウソクがたくさん並べられた場所(ダクタナンと呼ばれている)がありますので、

そちらでロウソクを買ってマリア様へお祈りを捧げます。

紙も配られているので、それを受け取って願い事をそちらに書いてキャンドルの横に置く場所があるので、そちらへ置きます。

私も昔、教師試験を受ける前シマラに行き、緑色のろうそくに火をつけてお祈りをしました。

合格祈願ってやつですね!

その結果見事に一発で教員試験に合格できたので、とてもうれしかったのを覚えています。

ちなみにキャンドルの色は選べます!

キャンドルの色にはそれぞれ意味がありますので、皆さんに合ったキャンドルを購入して下さい↓

癒し、健康、回復、癒し
繁栄、成功
忍耐力、キャリア、ビジネス
闘争心、努力、旅行、海外
愛、友情、家庭、恋人
悟り、導き
オレンジ 和解
ピンク 感謝、幸福、喜び
灰色 豊かさ、収穫、機会

マリア像もありますので、そちらでもお祈りをしましょう!

まとめ

奇跡の教会シマラではお土産も売っています↓

皆さんも是非シマラで願い事を叶えてもらえるようお祈りしてはいかがでしょうか?

 

 

留学のお問合せはこちらから

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事