Pocket

ビアンカ
皆さんフィリピン人がなぜ英語が話せるかご存じですか?

綺麗な海やビーチ、たくさんの山や自然に囲まれているのがフィリピンです。

それと同時にフィリピンはアジアでトップクラスの割合で国民が「英語を話せる」国でもあります。

その影響もあり、現在でも年間に数万人の日本人や韓国人が英語を学びにフィリピンへ訪れております。

ただ、本来私たち(セブ)の言語はセブアノといって、英語の構造とは全く異なります。

それに加えて、フィリピン自体120以上の言語があるから、これがまたややこしいのです。。

ではなぜ私たちフィリピン人が英語が話せるようになったのかフィリピン人の視点からご説明したいと思います。

 

フィリピン人が英語を話せる歴史的な理由

私たちが英語が話せる理由の主な理由は歴史に関連します。

フィリピンにはスペイン・アメリカ・日本など様々な国の植民地だった歴史がありました。

そして皮肉ながらアメリカに植民地化された際に英語教育が施されました。

但しこれにより、いろんな外国人とコミュニケーションが取れるようになったり、

フィリピンが経済的にも助かってた人が多くいるのも事実です。

※多くのフィリピン人は海外で働いていますが、英語が話せるので海外でも評価が高いです。

 

フィリピン人はどのように英語学習してるのか?

英語はもともと、学校や仕事など生活する上でも非常に使用する(触れる)機会も多いです。

母国語のセブアノ語も使用するので、いつも英語で会話するわけではないですが、

家族との会話やシチュエーションによって英語を使う機会がたくさんあります。

そしてフィリピンの学校で使用される教科書のほとんどは英語です。

たとえば科学や数学、歴史などの本は英語で書かれているので、読めないと授業にすらなりません。

もちろん学校の先生も授業を英語で行います。

ただし、英語だけだと伝わりづらい(生徒が理解していない)時はセブアノを話したり、ミックスする時もあります。

 

仕事の面でいうと、フィリピン国内で仕事の面接をする時は英語で行われることが多いです。

※オフィスワークなどは特にそうです。

契約書や公的な書類もほとんどが英語で書かれているので、読めないと大変ですよね?

 

外に出れば標識なども英語で表記されています。

どこを見ても英語、英語、英語です!(笑)

 

私はいつから英語学習を始めたか?

だいたいの人は2歳くらいから簡単な英語を覚え始めます。

私は、テレビや家族との会話で英語を聞いて覚えてきました。

「名前は何?」とか「どこに住んでる?」などの簡単な会話はどんどん覚えていきました。

こども向けの本も英語で書かれているので、学校に通い始める前にはだいたい英語が読めたり話せたりできるようになっていました。

その後も学校で英語を使用したり、普段の生活で本や映画を見たりなどして、どんどん英語レベルも上げていきました。

 

ビアンカ
ただし、実はすべてのフィリピン人が英語を流ちょうに話せるわけではありません!

 

なぜなら英語の上達度は、教育やどれだけ日常で使用する機会があるかに影響されるからです。

裏を返すと、教育を受けられてない、貧しい方たちの多くは英語をあまりうまく話せません。

※学校で学ぶ機会がないからです。

 

フィリピンは英語を勉強するのにうってつけ

私たちフィリピン人は、英語を自ら学習して取得してきたので、英語学習者の苦労がわかります。

その為、英語を教える事ももちろん好きです。

その為、今セブではたくさんの語学学校を目にすることができます。

それほど英語を教えることに長けているフィリピン人が多いということですね。

また休日には海などくつろげる場所もたくさんあります。

 

ビアンカ
セブにお越しの際はぜひ「英語の国フィリピン」も体感してくださいね!

 

留学のお問合せはこちらから

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事