Pocket

タイのバンコクで開催された、ミスユニバース2018年の優勝者Catriona Gray(カトリオナ・グレー)さん。

彼女はフィリピン出身なので、フィリピン国内ではかなり盛り上がってますね!

フィリピン出身としては4人目の快挙です。

そんなカトリオナ・グレーさんの生い立ちなどについて調べてみました!

Catriona Gray(カトリオナ・グレー)のプロフィール

 

View this post on Instagram

Glow baby ✨✨ Photography @bjpascual Styling and art direction @eldzsmejia Makeup @jellyeugenio Hair @hairbybrentsales Nails: @mimsqiu

Catriona Grayさん(@catriona_gray)がシェアした投稿 -

プロフィール

名前:カトリオナ・グレー

生年月日:1994年1月6日

年齢:24歳

身長:178cm

職業:フィリピンでコマーシャルのモデルや、貧困地域でもボランティアなど多岐にわたる

 

カトリオナ・グレーさんはフィリピン人の母とスコットランド系オーストラリア人の父を持つハーフなようです。

フィリピン人は身長が低い人が多いですが、カトリオナさんが身長178cmもあるのはお父さんの影響もあるんでしょうねー。

 

モデルとして過去にもたくさんの受賞歴があります!すごいですね!↓

  • Little Miss Philippines 1999
    (優勝)
  • Miss World Philippines 2016
    (優勝)
  • Miss World 2016
    (Top 5)
  • Binibining Pilipinas 2018
    (優勝)
  • Miss Universe 2018
    (優勝)

 

生い立ち

カトリオナ・グレーさんの生まれはオーストラリアのケアンズです。

オーストラリアで高校まで育ち、アメリカ・ボストンのBerklee College of Musicというジャズや音楽を学ぶカレッジに進学しています。

それに加えてChoi Kwang-Doという韓国の格闘技の帯も取得しているようです。

才色兼備とはこのことですね。すごいです。。

その後はマニラでモデル活動をスタートして、フィリピンで芸能活動をされています。

 

ちなみにChoi Kwang-Doはこんな格闘技↓

結構激しめですね!

 

 

2018年ミスユニバースでのスピーチ

カトリオナ・グレーさんは今回のミスユニバースのステージでもSteve Harveyの質問に対してとても印象深いスピーチをされています。

ちなみにSteve Harveyはかなり有名なこのおじ様↓

 

・審査員のSteve Harveyに「カナダのマリファナ使用が合法化されたことに対してどう考えるか?」と聞かれてのカトリオナ・グレーさんの答え↓

I’m for it being used for medical use, but not so for recreational use. Because I think if people will argue then what about alcohol and cigarettes? Everything is good but in moderation.

【日本語訳】

嗜好品とではなく医療用で使用されることに関しては賛成ですわ。だってそれを言ったら(反対したら)、賛成する人達はタバコやアルコールはどうなるの?って言うでしょうしね。どれも適度であること(やりすぎない)ことが大切だと思う。

 

・最終選考の3人になった際に、またしてもSteve Harveyに、「人生で一番大切なことは何か?また、それを今回のミスユニバースでどのように活かしたいか?」と聞かれてのカトリオナ・グレーさんの答え↓

I work a lot in the slums of Tondo, Manila and the life there is poor and very sad.

And I’ve always taught to myself to look for the beauty of it and look in the beauty of the faces of the children and to be grateful.

And I will bring this aspect as a Miss Universe to see situations with a silver lining and to assess where I could give something, where I could provide something as a spokesperson.

And this I think if I can teach people to be grateful, we can have an amazing world where negativity could not grow and foster and children will have smile on their faces

【日本語訳】

私はトンド、マニラのスラム街でたくさん働いています(ボランティア活動など)。彼らは貧しく、それはとても悲しいことです。

ただ私はいつでも、彼ら子供の中にある人間としての本当の美しさを見ることができて、それらにいつも感謝してきました。

私も彼らの希望の兆しとなれるように、これらの状況をミスユニバースとして代表して多くの人へ現状を伝えていきます。

そして、私が多くの人々に感謝の気持ちを教えることができれば、そのようなネガティブな世界はこれ以上広がらず、子供たちにも笑顔をを与えることができると信じています。

 

フィリピンの現状を人一倍どうにかしたいと考えている、カトリオナさんだからこそ発言できることなんでしょうね。

 

ちなみにマニラのトンド地域は特に貧困地域でスラム街が広がっている治安もとても悪い場所です。

大都会でビル街のマニラ中心部からわずか数キロに位置しています。

 

地図↓

 

トンド地域の様子↓

 

カトリオナさんはYouTubeにもWe're In This Togetherというフィリピンの子どもたちにフォーカスを当てた曲をUPしております。

みんなとても活き活きしていて、自分のおかれた環境のありがたさを考えさせてくれます↓

 

 

 

とても活動的で、このような恵まれない地域の人たちをサポートする彼女を見ると、ミスユニバースで優勝してもなんらおかしくない人ですよね!

 

まとめ

ちなみに今回のミスユニバースのファイナリストは、カトリオナさんの他にベネズエラ代表と南アフリカ代表の方が残っていました。

日本代表の加藤遊海さんは残念ながら最終選考に残れませんでしたね↓

 

 

フィリピンのカトリオナさんの活躍に今後も期待していきたいですね!

本当におめでとうございます!

それではまた!

留学のお問合せはこちらから

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事